ウィキメディアOTRS翻訳会

提供: 関西ウィキメディアユーザ会
移動先: 案内検索
このページはすでに行われたイベントについてご案内しています。

関西ウィキメディアユーザ会では下記の要領でウィキメディアOTRS翻訳会を開催しました。

名称
ウィキメディアOTRS翻訳会
主催
関西ウィキメディアユーザ会
日時
2011年3月21日(月・祝)13時30分〜17時30分
場所
株式会社グッデイ(大阪駅前第2ビル13階、地図
参加対象
ウィキメディアOTRSボランティアのメンバー、関西ウィキメディアユーザ会会員の有志(インターフェース翻訳のみ参加)
参加者
【オフライン】青子守歌AphaiaEnokiMuckyS_kitahashi、瀧澤さん(グッデイ)
【オンライン】takot(ウィキメディアOTRSボランティア

背景

OTRSとは、ウィキメディアで主に外部からのメール対応のために使用されているソフトウェアのことです。メールなどの応対は、特に、ウィキメディアが外部と連携するような場合について非常に重要な役割を担うシステムですが、現在、このインターフェースなどは、日本語化されておらず日本語話者にとって使いづらい状況にあります。一方、これからのウィキメディア日本語プロジェクトの発展により、OTRSの日本語での利用需要は今後増加することが予想されているため、この日本語への翻訳(地域化)は今後のウィキメディア運動の発展にとって重要な貢献となります。

内容

目標

優先度順で次の2つです。

  1. OTRS日本語インターフェースメッセージを、主にウィキメディアのOTRSで使用する目的で日本語化する。
  2. ウィキメディアOTRSの日本語返答定型文(ウィキメディアOTRSのメンバーでないと見られません)の作成(随時、英語定型文などを参照する)。

OTRSインターフェースの翻訳については、OTRSを利用するウィキメディアンが分かりやすいようなメッセージを目指し、一般のチケットシステムとしての整合性についてはそれほど重視しません(努力目標程度)。

作業方法

メンバーを翻訳担当・査読担当に分けた上で、

  1. 翻訳担当がそれぞれインターフェースメッセージを分担して、各担当分についてそれぞれ日本語化を行なう(迷ったら随時相談可能)。
  2. 出来上がったものから査読担当がチェック・修正する。

成果

  1. meta:Privacy_policy/jaを日本語化しました。第一稿完成、査読途中。
  2. ウィキメディアOTRSの日本語返答定型文いくつかを作成しました。

作業成果の利用(ライセンス)

翻訳成果については、「ウィキメディアOTRS翻訳会参加者(各参加者名A-Zあいうえお順"、"つなぎ列挙)」名義のクレジットとし、インターフェースメッセージについてはAGPL version 3(OTRSソフトウェア本体のライセンス)のライセンスで公開、返答定型文についてはウィキメディア財団へ寄贈(OTRSウィキへの投稿、ウィキメディアOTRSシステムでの利用など)することをそれぞれ許諾していただきます。

ただし、あくまで許諾であり、実際に使用されるかどうかは実際にウィキメディアOTRSメンバーによって決定されます。